楽しく読めて、ときどき役に立つブログ

温泉・観光業界の老舗業界紙、朝日タイムズ社の公式ブログです。本誌ではなかなか書けない楽しい記事を中心にお届けします。ほとんど役に立たないと思います。http://www.asahi-times.com

Friday, December 01, 2006

横浜インビテーション2007イン東京

ときどき横浜に遊びに行く。山下公園は必ず立ち寄る場所だけど、最近は行くたびにひどいライブ演奏に当たる。大道芸の音楽は気にならないけど、氷川丸の近くでやっているライブ演奏はひどい。ベンチにとどまる気にならなくて、残念な気持ちで移動する。東京都のヘブンアーチストのように、オーディションが必要じゃないだろうか。ケチカ・ブラスカなら、ずっと聴いてたいけど。
 横浜市の魅力を紹介する「横浜インビテーション2007イン東京」がマスコミなどを招き11月30日に東京・水天宮のロイヤルパークホテルで開かれた。照明を落とした「Nakada’sBar」でのカクテルタイムから始まり、そこに中田宏横浜市長と、今年、横浜観光コンベンションビューローの理事長に就任した、俳優の石坂浩二さんが登場し、シェイクしてみせるフォトセッションから始まった。カクテルは横浜発祥だそうだ。栃木県の宇都宮市は「餃子とカクテルのまち」、横浜は「シュウマイとカクテルのまち」ってことで、横浜と宇都宮はぐっと近くなる。
 「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」のピアノ生演奏をバックにした2人のカクテルトークは、「大桟橋が穴場」「アメリカ料理や洋食屋がある」「元町は犬が多い」なんて、たぶん打ち合わせなしなんだろう。
 パーティ会場では、中田市長はステージ上でシューマイの鏡割りをして、ステージを降りて今度は巨大な月餅割りをした。ずいぶん割るもんだ。
 横浜港は2009年に開港150周年を迎える。横浜市では開港150周年を横浜アピールの絶好の機会と位置づけ、観光プロモーションや企業誘致に力を入れている。山手の洋館や山下公園、三渓園での「横濱ウェディング」、記念日を横浜で過ごしてもらう「横濱アニバーサリープラン」などを売り込んでいる。
 12月1日からは「煌めく夜景プロジェクト 横濱ブリリアントウェイ」が始まる。歴史的建物のライトアップや街を飾るイルミネーションに加え、山下公園通りを市民サポーターが光のボールで飾りつけた「横浜光のプロムナード」が登場する。期間は2007年2月25日までの87日間。12月25日には氷川丸とマリンタワーが営業を終了する。どちらにも入ったことがない。マリンタワーに登りにいこうかと思っている。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home